うどんといえば、「はなまるうどん」や讃岐、味噌煮込み、カレー等色んなうどんがありますね。美味しいうどんレシピを覚えて料理のレパートリーを増やしましょう!そういえば「うどん」といえば、お笑い芸人「ほっしゃん。」の一発芸がありますが、あれは食べ物を粗末に扱っていて、見ていて気分が悪いですね。「うどん」とは、鼻ではなく"喉"で味わうものですよ!

きつねうどん、稲庭うどんなど

うどんレシピって皆さんはどんな"うどん"が好きですか?
レシピといっても作る料理によって、色々とありますので
基本的なものから覚えたいです。
人気があるのは、カレーうどん、焼きうどん、
手打ちうどん、肉うどん、サラダうどん等でしょうか。

今日は色んなウドンを紹介します。
・きつねうどん
きつねうどん甘く味付けした油揚げを載せたうどんで、
特に関西地方で非常に人気がある。
関西では「けつね」と呼ぶこともある。また、地方によっては
「たぬきうどん」「しのだうどん」と呼ぶ地域もある。
いわゆるきつねうどんの別称である「しのだうどん」の他に、
きざんだ油揚げと白ネギ、かまぼこが主な具材となるうどんを
「しのだうどん」と呼ぶ場合もある。
汁は白醤油仕立。発祥は関西だが、東海地方でも多く見られる。

・稲庭うどん
稲庭うどん干しうどんの最高峰と言われる。
日本農林規格(JAS)の「うどん」についての規定に照らし合わせると
製造各社の製品の平均数値で見ても稲庭うどんは、
ひやむぎより若干太く、かろうじて「うどん(細うどん)」
に分類される。
独特の手延べ製法の干しうどんで、工程は素麺と似ているものの、
食用植物油を使用せず打ち粉としてでん粉を使う点や
特有の平べったい形状を生み出す乾燥前のつぶす工程等がある。
食感は滑らか且つ上品な舌触りと喉ごしを持ち、また胃腸にも優しい。
元禄3年(1690年)には秋田藩の贈答品に用いられたほどの高級品だった。
江戸時代は全て秋田藩に納めていたために庶民の手に入ることは殆ど無く
(製法も含め成り立ちもうどんブームの火付け役となった讃岐うどん
とは対照的である。)、地元稲庭村の人でさえわずかに手に入った
うどんが病気の時などに食べられるというものだった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

【稲庭うどん】ってよく聞きますが、秋田県の代表的な名産品
だったんですね(^^)
しかも贈答品に用いられたほどの高級品とは・・・私はまだ一度も
食べた事がないので、是非一度食べてみたいですね。
誰か東京で稲庭うどんの美味しいお店を知っていたら教えてください♪
ついでに"稲庭うどん"のレシピなんかもオススメがあったら
知りたいですね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4567050

この記事へのトラックバック

「かも川さくらうどん」で天ざるうどん
Excerpt: これは、休日のお昼ごはん。 お昼ごはんは、どうしようかと、在庫をチェック。 食品棚に「かも川さくらうどん」という 桜の葉を練り込んだうどん(乾麺)があったので これを使って、冷たいうどん..
Weblog: ぶつぶつもぐもぐの日々
Tracked: 2007-07-03 07:50