うどんといえば、「はなまるうどん」や讃岐、味噌煮込み、カレー等色んなうどんがありますね。美味しいうどんレシピを覚えて料理のレパートリーを増やしましょう!そういえば「うどん」といえば、お笑い芸人「ほっしゃん。」の一発芸がありますが、あれは食べ物を粗末に扱っていて、見ていて気分が悪いですね。「うどん」とは、鼻ではなく"喉"で味わうものですよ!

讃岐や月見のレシピ

うどんレシピは覚えると様々な"うどん"料理に応用できるので
便利ですよ。ついでに"つゆ"のレシピも覚えると良いでしょう。
私が個人的にオススメなのが「サラダうどん」。
うどんにサラダを盛り付けたものですが、とってもヘルシーで美味しいです。
つゆなども工夫次第でいろんなバリエーションが楽しめます。
「味噌煮込みうどん」もオススメです。濃いめの味付けは関東の
人にとっては美味しく食べられるでしょう。関西の人は薄めの
味付けで白味噌などを使うのもいいかもしれませんね。

その他のうどん
・讃岐うどん
香川県特産のうどんで、腰の強さと滑らかな口当たりを特徴とする。
トッピングが自由に選べ、食べ方もかけ、ざるのほか、釜揚げうどん、
生醤油うどん、釜玉うどんなど非常に多様なことも特徴である
チェーン店の「花丸うどん」が有名です。

・素うどん(かけうどん)
麺につゆをかけ、刻みネギ以外にはほとんどなにも入れない、
ベーシックなうどん。東日本と西日本ではつゆの色が大きく異なる。
東日本の色は濃く、西日本は色が薄い。前者は濃口醤油を使用し、
後者は塩および淡口醤油を用いるためである。

・月見うどん
生卵を割って出汁を入れた麺の上に落としたうどん。
卵の卵白(白身)を雲、卵黄(黄身)を月に見立てたことから月見と呼ぶ。
卵の下に夜空に見立てた海苔が敷かれることもある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

どのうどんも美味しそうですね。
他にもウドン類のものには、山梨県の郷土料理の「ほうとう」や
沖縄県独特の麺料理の「沖縄そば」「ソーキそば」なども人気がありますね。
私はゴーヤなど沖縄料理はちょっと苦手なんですが、「沖縄そば」は結構
好きなんですよね。カップ麺の「ソーキそば」も結構美味しいですよ(^^)

きつねうどん、稲庭うどんなど

うどんレシピって皆さんはどんな"うどん"が好きですか?
レシピといっても作る料理によって、色々とありますので
基本的なものから覚えたいです。
人気があるのは、カレーうどん、焼きうどん、
手打ちうどん、肉うどん、サラダうどん等でしょうか。

今日は色んなウドンを紹介します。
・きつねうどん
きつねうどん甘く味付けした油揚げを載せたうどんで、
特に関西地方で非常に人気がある。
関西では「けつね」と呼ぶこともある。また、地方によっては
「たぬきうどん」「しのだうどん」と呼ぶ地域もある。
いわゆるきつねうどんの別称である「しのだうどん」の他に、
きざんだ油揚げと白ネギ、かまぼこが主な具材となるうどんを
「しのだうどん」と呼ぶ場合もある。
汁は白醤油仕立。発祥は関西だが、東海地方でも多く見られる。

・稲庭うどん
稲庭うどん干しうどんの最高峰と言われる。
日本農林規格(JAS)の「うどん」についての規定に照らし合わせると
製造各社の製品の平均数値で見ても稲庭うどんは、
ひやむぎより若干太く、かろうじて「うどん(細うどん)」
に分類される。
独特の手延べ製法の干しうどんで、工程は素麺と似ているものの、
食用植物油を使用せず打ち粉としてでん粉を使う点や
特有の平べったい形状を生み出す乾燥前のつぶす工程等がある。
食感は滑らか且つ上品な舌触りと喉ごしを持ち、また胃腸にも優しい。
元禄3年(1690年)には秋田藩の贈答品に用いられたほどの高級品だった。
江戸時代は全て秋田藩に納めていたために庶民の手に入ることは殆ど無く
(製法も含め成り立ちもうどんブームの火付け役となった讃岐うどん
とは対照的である。)、地元稲庭村の人でさえわずかに手に入った
うどんが病気の時などに食べられるというものだった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

【稲庭うどん】ってよく聞きますが、秋田県の代表的な名産品
だったんですね(^^)
しかも贈答品に用いられたほどの高級品とは・・・私はまだ一度も
食べた事がないので、是非一度食べてみたいですね。
誰か東京で稲庭うどんの美味しいお店を知っていたら教えてください♪
ついでに"稲庭うどん"のレシピなんかもオススメがあったら
知りたいですね。

肉うどん等、つゆもレシピは簡単です

うどんレシピって簡単で忙しい時にでもサッと作れるので
便利ですね。カレーうどん、焼きうどん、手打ち、肉、
サラダウドンなんてのもありますよ。
どんなものでもレシピはとても簡単なものが多いです。
つゆのレシピもとっても簡単。私は個人的にあっさりとした
薄味のつゆのレシピが好きです。
皆さんはお蕎麦とウドンだったらどちらが好きですか?
今日はいろんなウドンについて調べてみました。

・肉うどん
醤油で味付けして煮た牛肉または豚肉を具にしたうどん。
東日本では豚肉、西日本では牛肉であることが多い。
肉はおおむね甘口に煮付ける。
因みに、具だけの「ぬき」は大阪では肉吸と言う。

・ 力うどん (かちんうどん)
餅が入ったうどん。他の具と組み合わされる場合も多い。
関西での呼び方の「かちん」とは、「餅」を指す女房言葉から。
通常は焼き餅が乗せられることが多いが、
近年は揚げ餅が乗せられることもある。

・あんかけうどん
くず粉や片栗粉などをつゆに入れてとろみをつけた餡をかけたうどん。
京都などで一般的に見られる。薬味としてネギとおろし生姜が
添えられるのが普通。
「はいからうどん・たぬきうどん」で既述の通り、
京都ではあんかけのきつねうどんをたぬきうどんと呼ぶ店もある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

お蕎麦が好きな人は麺が細くて好きという人が多いですが、
うどんはあの太い麺がいいですよね。コシがあってツルッとした
喉越しも気持ちいいです。
あっさりとした味付けで、つゆも美味しく、レシピも簡単です(^^)
チェーン店の"花丸うどん"なんか安くて最高ですね。

カレーうどんを極めよう

うどんレシピって簡単そうで結構覚えてなかったりします。
カレーうどんや焼きうどんなど美味しいですよね。
ほかには手打ち・肉・サラダ・味噌煮込み・鍋焼き・皿ウドン
など、どれも"つゆ"を工夫して仕上げると絶品です。
いつものレシピにちょっと手を加えるだけで大分味が違うことも
ありますね。
やっぱりポイントは"つゆ"ですかね。

・カレーうどんとは?
だし汁にカレー粉を加えてカレー風味にしたもの、
ないしだし汁で延ばした和風カレーをつゆとして用いたうどんである。
麺が蕎麦に変わると「カレー南蛮」になる。
ただし最近では「カレー南蛮うどん」「カレー南蛮そば」の両方をメニューに加える店もあり、前者つまりカレーうどんと同じものを「カレー南蛮」と称する例も出てきた。
カレー南蛮の「南蛮」は唐辛子のことではなく「なんば」が転じたもので、
ネギ(長ネギ)のことを指し(「鴨南蛮」「かしわ南蛮」に同じ)、
元来は大阪・難波の近くで採れた長ネギを指した。
現在でも「鴨なんば」「カレーなんば」など、「なんば」の名称を用いている店もある。
長ネギではなく玉ねぎを使ったものをカレーうどんと区別する店もある。
なお、カレーうどんは明治時代に作られたものだが、当初はゲテモノとして扱われていたという。
現在では大半のうどん店で扱っているほど、一般的なうどんの一種となっている。
最近ではチーズ入りなどのバリエーションも出てきている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カレーうどんって美味しいですよね。
大衆食堂や定食屋なんかでは、単にうどんの上にカレーソースを
かけただけっていうレシピのお店もありますが、それはそれで美味しかったりします。
あと、コンビニやスーパーで売っているカップラーメンのカレーウドンも結構おいしかったりします。
マルちゃんのシリーズや日清のカレーヌードルなんかはヤバいくらいおいしいです。あと、チーズカレーもおすすめです(*^^*)
少し時間をおいて、ちょっと伸びたくらいが旨かったりします。

カレー・焼き・手打ち・肉などドレが好き?

うどんレシピってどのくらいご存知ですか?
カレーうどん、焼きウドン、手打ち・肉・サラダ・味噌煮込み・
鍋焼き・皿うどんなど色々ありますよね。
簡単でヘルシーなので健康にも良さそうですよね。
このサイトでは様々なウドンを紹介していきたいと思います。

・うどんとは?
日本旧来の麺類のうち小麦粉を原料とし、ある程度の太さ、
幅を持った麺を指す。
・定義
現行の日本農林規格(JAS)では、丸麺では断面の直径が1.7mm以上、
角麺では幅1.7mm以上のものを「うどん」としており「ひやむぎ」の角麺
(幅1.2〜1.7mm、厚さ1.0〜2.0mm)と区別している。
またこの規格とは別に、製法の違い(麺棒や機械で生地を伸ばしてから切るか、
細く丸めた生地を引いて伸ばすか等)、社会通念上も、細い麺の「細うどん」と
「ひやむぎ」は明確に区別されている。
通常、薄力粉・中力粉に若干の塩を加えた生地から作られ、
醤油を用いただし汁(つゆと称す)に入れて供することが多い。
西日本ではうすくち醤油を用いた透き通ったつゆが用いられ、
東日本ではこいくち醤油を用いた、黒っぽく濃厚なつゆが用いられることが多い。
手軽な庶民食、米食の代用食として、また祝い事に際して振る舞われる
「ハレ」の食物として、古くから日本全国で親しまれてきた。
調理法や具材には地域性が強く反映され、様々なバリエーションが存在する。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウドンも色々と奥が深いですね〜。
よく蕎麦と比べてどっちが好き?と話題になりますが、
私はだんぜんウドン派です(^^)
でも関東人なので"つゆ"が濃い口なので、関西の人などは
びっくりしていますけどね(^^;)